オーガンテクノロジーズ

TOPに戻る

English

Research & Development 研究開発

「臓器置換再生医療」の実現に向けて

2007年に、東京理科大学・辻孝(当社研究開発担当取締役兼任)の研究グループは、「歯」をモデルとして、世界に先駆けて三次元的な器官・臓器を創り出す技術開発に成功しました。この技術は、器官・臓器のもととなる器官原基を幹細胞から再構築して、生体外、生体内のいずれでも器官へと発生するための細胞操作技術として、世界的に高い評価を受けました。

「臓器置換再生医療」の実現に向けて

  • 事業概要トップへ
© 2009 Organ Technologies Inc. All Rights Reserved.