オーガンテクノロジーズ

TOPに戻る

Message ごあいさつ

新しい医療システムの道を拓く企業を目指して

わたしたち株式会社オーガンテクノロジーズは、三次元立体器官の形成を可能にした再生技術を通じて、多くの方々の健康と福祉へ貢献することと共に、残された成長分野の一つである再生医療分野での日本発産業革命に貢献するために設立した会社です。
 
再生医療は従来治療困難であった患者に対し、ヒトの細胞・組織を用いた治療方法です。その中でも次世代再生医療として、病気や傷害によって機能を失った器官・臓器を、生体外で人工的に作製した器官とまるごと置き換える「臓器置換再生医療(器官再生)」が期待されています。わたしたちは理化学研究所の辻孝と共に、器官発生の生物システムと工学的な技術を用いて、細胞操作により器官原基を再構築するための「器官原基法」を世界に先駆けて開発しました。この技術をもとに、再生医療や臓器移植に期待を寄せる多くの患者のみなさまのもとへ、シーズを早期にお届けできることを目指してまいります。
 
また、一方では社会構造はグローバル化し、産業構造も変化し、再び世界の中で日本が果たすべき役割が問われています。その中でわたしたちは、科学技術研究を一層発展させることによって、21世紀の日本の未来や人類の幸福、国際的な貢献を目指し、次の時代に受け継がれる技術や産業を創造したいと考えています。その実現のために、日本発の医療分野における産業革命の起爆剤としての役割を担うことがこの時代に生きるわれわれの使命と感じております。再生医療の現実はまだまだ研究者の手によってすすめる家内制手工業の域を脱しておらず、再生医療を「産業」として、さらなるイノベーションを巻き起こすには力不足であると我々は考えております。産業革命の歴史を紐解いても、産業化への必要な過程としては機械化、大規模化が挙げられます。そのためには我々の力だけなく、日本発の再生医療「産業」を切り拓こうという強い意志がある多くの企業との連携を積極的に目指し、多くの皆様に早期に、また安全に、よりよい再生医療のご提供したいと考えております。
 
我々の再生医療における基礎研究ならびに臨床応用へ橋渡し役としての確かな歩みを通じ、より一層健康福祉が充実し人類全体の幸福が実現することを、弊社一同心から願ってやみません。

2015年7月

© 2009 Organ Technologies Inc. All Rights Reserved.